【交通】養老鉄道線(桑名〜大垣) 人身事故の影響で上下線 遅延 4日15時



1 :牛丼 ★:2019/12/06(金) 09:22:36 ID:TrorM4I79.net
発熱で香港C(8日、シャティン競馬場・芝2000メートル)を回避していたアーモンドアイ(牝4歳、美浦・国枝厩舎)が、有馬記念(22日、中山)に参戦する可能性が出てきた。国枝調教師は5日、「(参戦の)準備はしています」と明かした。

同馬は5日の美浦・Wコースを5ハロン74秒6―14秒5でセーブしながら駆け抜けた。国枝調教師は「熱発してから初めてなので、少し慎重になったところはあるけど、まあ大丈夫でしょう。元気いっぱいです」と強調した。

 この日の有馬記念ファン投票最終発表では、2位のリスグラシューに約1万5000票差をつける10万9885票で1位に輝いた。同馬が所属するシルクレーシングのHPで国枝師は「1位に選出されたからこそ、中途半端な状態で出走させることは出来ません。(次走は)もう少し慎重に様子を見ながら判断させていただきたい」と態度を保留。日本中の注目を集める4歳牝馬が、突然のアクシデントから暮れのグランプリへ向かうか、目が離せなくなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-12050187-sph-horse

0件をまとめました。
最新情報はこちら



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク